>

どんな道を進むか決めたらまずは学校選び

わりと大事な学費の問題

この記事をシェアする

何気に一番重要学費の問題

どうしてもお話しておかなければならないのが学費の話です。

どれだけ壮大な夢を抱いていても現実問題として学費を支払う事が出来なければ通学は出来ません。

国立と私学で変わってはきますが、4年制の私立大学で約450万と言われています。

2年制の私立短期大学ではその半分で約200万と言われています。

専門学校の学費は通う年数も、学ぶ知識も色々と種類がありますので一概にこの金額と言えません。
ただ専門知識を学ぶため、専門的な施設が整っている学校もあり、そういった学校では4年制の大学より高くなるところもあるようです。

また、大学では公的な奨学金が利用できますが、専門学校には認可校と無認可校があり、認可校だと奨学金が使えますが、無認可校だと使えません。

奨学金を利用しようとするのであれば、事前にしっかりと調べておく必要があります。

よく調べて自分にあった学校選び

色々と大学と専門学校について書いてきましたが、高校からどの道にすすむかというのは、中学から高校にすすむときの進路選択とは訳が違いますよね。

ただ、難しく考える必要は何もないと思います。
諦めることさえしなければ、人生何とでもなります。

行きたい学校にいくための知識がなければ、頑張って勉強して受験に挑めばいいですし、学費がなければ、一旦お金を貯めればいいですし、奨学金を利用するという手段だってあります。

私個人の意見ですが、やりたい事があるのに、何かと理由をつけて諦めるということだけはしないでもらいたいなと思います。

大学には大学のすばらしさ、専門学校には専門学校のすばらしさがあります。

体験入学やオープンキャンパスを十分に利用して自分にあった学校を選んで下さい。