>

どんな道を進むか決めたらまずは学校選び

専門学校への道

この記事をシェアする

専門学校について

次は専門学校についてです。

専門学校とは専門的な分野の知識や教養を身につけていく勉強をする学校となります。

実習が多く、就職してから即戦力として使える人材の育成を目指しているため、毎日が忙しくなります。

しかし、専門的な知識を勉強していく為に違った職業へ就職しようとした時に難しくなります。

でも同じ道に進もうとしている人間しかクラスにいないので、同じ夢や目標を持った友達が多く出来ます。
それは、強い味方となってくれます。

専門学校の卒業までの年数は、目指す道によって色々です。
調理師のような1年もあれば、看護や福祉のような3年制もあります。

途中で進路を変えにくいのが専門学校の特徴とも言えますので、入学する前にしっかりと自分の道について調べる必要があります。

手に職をつける

よく、手に職をつけるには専門学校と言われるように、専門学校では専門的な知識と技術を学びます。
資格が必要ない職種だと直接就職してから、ゼロから教えてもらうということも可能ですが、専門学校へ通う事で基礎知識を学ぶ事が出来ます。
専門知識を必要とする職種は専門用語もたくさん出てきます。
技術は実際に職場で働きだしてから上達していくものですが、基礎知識は最初に学んでおいて損はしないと思います。

職種によっては夜間の専門学校もあって、日中働いて夜に学校へ行って勉強するというスタイルが取れるところもあります。

実際に仕事しながらとなるので、楽しいこと辛いことを経験しながら、学んでいけます。

実習では学べないことを経験しながらとなるので、自分のためにはなります。